ブログTOPページはこちらから バリ島で見つけた宝物~癒され・味わい・巡り合い~  


 バリ島の気になる情報!
そしてヒーリングスポットを求めて海外/国内問わず新着順でお知らせします♪



トリップアドバイザー
世界中の旅行者からの観光地・都市・ホテルの口コミ満載 どこにしようか・・参考にぜひご覧ください

人に優しい宿
車いすの方や赤ちゃん、お子様、不安を安心に変えて、みんなが笑顔になる旅行づくりのプランに

「泊まって良かった」JTBの宿泊プラン
タイプ別のプランが豊富。価格に合わせたプランを選べます。いろいろ比較して素敵なひと時を

  手軽にスタイリングシュミレーション「UA Style Share」
旅行に行く時に迷う洋服選びも、季節に合わせてコーディネートができ、あなたらしいスタイルが見つかります

天然ビタミン+コラーゲン



 最新記事・メニューはコチラからどうぞ⇒⇒⇒   

バリ島で見つけた宝物~癒され・味わい・巡り合い~サイトトップ >チベット | スピリチュアル >> 世界のチャクラポイントの旅★バリ島の次はチベットへⅠ
数年前から気がつけばチャクラスポットの旅をしていました。
第5チャクラ・富士山は長野から東京に戻るときいつもいつも眺めていました。
朝霧高原へも行く機会を得たり、何かと縁があります。さかのぼると小学6年の夏、通っていた小学校から
富士山登山のキャンプがあり、皆で山頂を目指しました。あいにくの天候不良で8合目でストップがかかり
全員山頂までの登頂は叶いませんでした。

時は経ち
始まりはバリ島からで何度も通ううちついには生涯かかわであろう事にも導かれ・・・・・
バリ島の次はネパール&チベットへいざなわれ行く機会を持ったのです。
ネパールのカトゥマンズからチベットのラサを空路で目指します。ラサとはチベット語で「神の地」を意味し
現在チベット自治区の首府となっています。

チベット自治区はビザを取得するには最低3日はかかり、場合によっては1週間かかるケースもある様です。
ツアー会社を通し現地ガイド付きが一般的です。

まず行ったのはネタン摩崖大仏、大きな岸壁に描かれています。
世界のチャクラポイントの旅★バリ島の次はチベットへⅠ

チベットは高地にあるので着いた日は軽く観光し高山病予防をします。
大昭寺広場が見物、散策に適していると案内されました。
 街の中世界のチャクラポイントの旅★バリ島の次はチベットへⅠ

自転車も世界のチャクラポイントの旅★バリ島の次はチベットへⅠ

   活気P5260105

ジョカン(大昭寺)世界のチャクラポイントの旅★バリ島の次はチベットへⅠ

もっとも注目されるのは、路上で長く叩頭を続ける人々で、合掌し五体投地して拝みながら前進していく。
これはラマ教の最高の礼であり、信徒たちの仏門に対する敬意を表しています。
中には遠くから来た人もいるし、また地元の市民もいます。これらの人々は、朝に大昭寺を一回りして、
半時間ぐらい拝礼してから家に戻り、着替えし、手を洗って朝食を済まし、出勤します。
例えば北京市民が朝早、太極拳などを済ませるように、これも身体全体の運動と捉えることもでき、
且つこれは宗教活動には変わりなく、さらに新しい内容も加えられ、ラサ市民の独特なライフスタイル
となったのだそうです。
お祈りをする人々世界のチャクラポイントの旅★バリ島の次はチベットへⅠ

本当に信仰が篤いP5260101


       聖なる都ラサにあるポタラ宮
ポタラ宮世界のチャクラポイントの旅★バリ島の次はチベットへⅠ

このポタラ宮は事前に予約をしないと中には入れず、その為にも確実にツアー会社に問い合わせを。
ポタラ宮殿の建物の素晴らしさ、歴代のダライラマが住んでいた聖地の荘厳さ、内部に籠もる
気のエネルギーの凄さは、圧巻!1000を超える部屋があるそうですが、公開されているのは一部です。
がその公開されている部屋の多さたるや、、決められたコースを決められた方向に見学するのですが、
神々しい黄金の巨大な仏像や観音像何部屋も何部屋も鎮座し、輝き放っています。
ダライ・ラマ7世・8世・9世~~霊塔もありすべてを見て回るのに有に半日はかかります。
写真撮影は一切禁止です。
現在のダライラマ14世はインドのダラムシャーラに拠点を置かれています。
ポタラ宮より街を見下ろす世界のチャクラポイントの旅★バリ島の次はチベットへⅠ


バリ島から帰国後チベット行きになるのか、善光寺にダライラマ14世から送られた仏像を
見に行くことにしました。ちょうど御開帳のときでした。
世界のチャクラポイントの旅★バリ島の次はチベットへⅠ

高さ約21センチの金銅製の仏像「釈迦如来坐像」で、右手は地面に触れ、悟りを開いた姿を示し、
左手はお布施を受ける鉢を携えておられ、同時に贈られたシルクの布をまとい安置されています。
ここ日本中霊殿におられます世界のチャクラポイントの旅★バリ島の次はチベットへⅠ

         釈迦如来坐像世界のチャクラポイントの旅★バリ島の次はチベットへⅠ

21センチなので思ったよりちっちゃかったのですが、神々しく輝いておられます。
それから2日経ちチベット行きが決まりました。

もうひとつ、チベット行きに近づいたのはその3か月前にバリ島ウブドのナマステで購入した
Nawang Khechog 氏のヒーリングミュージックCD、笛の音に癒され毎日のように聞いていました。
   世界のチャクラポイントの旅★バリ島の次はチベットへⅠ 世界のチャクラポイントの旅★バリ島の次はチベットへⅠ
                         
彼はチベットのフルート奏者と作曲家です。 Nawang Khechoghttp://www.nawangkhechog.com/recordings.php
Nawangはチベットで生まれ、1949~1950中国の侵攻が続くき、彼の家族は瞑想と仏教哲学を学ぶ為
インドに移されました。彼は、ダライラマの指導の下、ヒマラヤの麓の仙人瞑想として4年間を含めて、
修道士として11年間過ごしました。 その彼のCDをバリで見つけ日本で聞いている・・・こんな偶然・・・・
道がが繋がったのでした
虹の階梯さらに友人から勧められた本


そしてチベットポタラ宮で想像を遥かに超えた何十体もの観音菩薩像・釈迦牟尼仏像etc....歴代ダライラマの霊塔を目の当たりし、チベット宗教の荘厳さに感嘆し!!!!
身震いするほどの気を浴びることになりました。       つづく

バリ島ブログランキング★ぽちっとよろしくお願いしますにほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
海外リゾート ブログランキングへ

【全く新しい海外予約 】航空50社×ホテル8万軒から自由に選べる&格安!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

○○